Windows8って意味あるの2012/11/11 22:46

Windows8の販売が苦戦と言Windows8の販売が伸び悩んでいると聞く。結局、数年前までは場合によっては共生していたモバイルとバソコンの棲み分けが進んだ結果、現在、スマホやタブレット端末で占められているモバイルの市場に汎用機に使用されているOSが割って入るのは難しいということ。つまりWindowsはビジネスアブリのユーザー向けのOSなので一般的なネットワークコミュニケーションにはAndroidやiPhoneで十分。最近ではノートPCのユーザーがタブレット端末に移行しているけれどマイクロソフトがこれに対抗するにはWindowsCEを改良した方が軽くて使いよいものができるだろう。Windows8をデスクトップで使いたいと思う人はいらっしゃるのだろうか。専用の液晶ディスプレイを机に座ってタッチしてキーボードでビジネス文書を入力する必然性があるのだろうか。それとももはやデスクトップバソコンの時代は終わったと言うのか。マイクロソフト社が歴史の淘汰に生き残るのはビジネスシーンそれもデスクトップの分野だと考える私は間違だろうか。

コメント

トラックバック