白川郷2014/06/11 18:45

先月、白川郷に俳句童子の会員として、吟行、句会に参加した。
雪嶺を背景に合掌造りの藁葺き屋根での水田の風景は、日本の心のふるさとの様な感じがしてよかった。

俳句は、6月号童子では、月童子の3番目に載ったけれど、最近では、空振りが続いており、こんなのは、まぐれに過ぎない。

コメント

トラックバック