新年の抱負2007/01/01 12:08

乙女巻 いよいよ六条院が完成! ツバル発行切手から 土佐派風の源氏絵が図案化されている。
 
大晦日の晩、驚いた事に藤原定家郷の夢を見た。

 定家郷が残された『奥入り』をお前は、本当には理解していないのだろうと叱責された。

 鎌倉時代の似せ絵の専門書を眺めていて、そのままうとうとと寝てしまった為に、こんな変な夢を見てしまったらしい。


 源氏物語の定家の奥入りの本文は、今から30年以上も昔、清水好子先生の元で、正式に閲覧を許されたものであった。それは、まごうことなき13世紀の源氏物語解釈の中心となる集大成を示したものであった。800年近い年月を得て色褪せかかった料紙は、幾千・幾万と書かれたこの物語に関連する研究・論文の価値等微塵に過ぎない事を示しているかの様に威力を持っていた。

 私は、この生涯で恐らく二度と、接する事が出来ないであろう貴重な体験を、遙かな末席で接する機会を得た。

 当時は、溌剌と、現代の風俗への印象を語っていた清水先生が、この場所では、誠に粛々として、池田亀鑑先生の源氏物語大成の写しに、省かれていた朱点の書き入れ等をされていた事が記憶に残っている。

 源氏物語は、定家の時代には、既に忘れられていた読み方が数知れずあったと見られる。

 清水先生もその事に気づかれて幾つかの文章を残されている。それは、紫式部が屏風歌と当時、伝えられていた数々の作り物語の当世風(11世紀初頭)の享受の風体の中で、源氏物語の制作の方向性を示されていた事、紫式部は、屏風歌に見られる視覚的情報以外に、聴覚を含めて総合的な感性の元に新しい物語の創作を目指していた事、従来の「平安朝作り物語」の限界を超えた新たなな「創作物語」の制作を目指し、その執筆時点から、視覚、聴覚、触覚、嗅覚等のあらゆる感性を導入された総合物語である総合メディア「源氏物語絵巻」の方向性を考えて執筆を心がけていた事を教えられた。
 その様な方向性は、それぞれの章段の中に見られる場面表現手法の中に、豊富な実例を元に認める事が出来る。
 国宝源氏物語絵巻は、その様な藤原氏・紫式部の総合文化プロジェクトが最終的に結実したものと言う事が出来ると私は考えている・
 佛教大学で今回執筆する論文のテーマは、この様な観点を基礎にして取り組みたいと思っている。今は、この世にない清水好子先生が応援してくださる事を願いながら、今年のささやかな豊富として述べる次第である。

 図は源氏物語「乙女巻」から秋好中宮 光源氏35歳の秋に六条院が完成。四季それぞれの風情が楽しめる御殿が完成する。土佐派風の源氏絵が南の国ツバルの国で図案化されている。国宝源氏物語よりも、こうした絵の方が面白い気分にさせてくれる。

卒業研究2006/10/30 23:52


本日、卒業論文の相談教員決定との書状が届いた。
絵巻物が専門の先生である。

卒論のテーマは、源氏物語絵巻に関連したものにするつもりである。もっと、仏教芸術コースらしいものをしなければならないと思ったが、案外簡単に通った。

源氏物語絵巻と言えば、例の国宝が有名であるが、その後の時代になって色々な場面が絵画化されている。

まずは、近世までの時代別のカタログを作ってみるつもりである。ツバルと言う地球温暖化で沈みそうな国が発行した土佐派の源氏物語絵巻(絵本)を例に挙げるが、絵合巻とか、国宝源氏物語に無い場面が色々と登場して楽しい。

絵巻物展2006/05/14 11:04

京都国立博物館噴水とツツジが綺麗。撮影、PENATAXOPTIOS

先週末の夕方、京都国立博物館で開催されている絵巻展に出かけた。久しぶりの京都、気温は涼しいので、7条通りの散策もかねてブラブラとその辺を見物したり写真を撮りながら歩いているといつの間にか国立博物館に到着していた。入場者も思った程ではないが、中には、行列が出来ていた。一つ一つの作品をゆっくり見物したかった。また、目があんまりよくないので細かいところを見る為には、ミニ双眼鏡等が必要で、実際にそれを使って見ている人もいた。源氏物語絵巻 鳥獣戯画、信貴山縁起絵巻、紫式部日記絵巻等、もろもろの作品が展示されており、全部をじっくりみるには、1日では足りないだろう。それでも目を凝らして作品に見入っていたら、目が疲れてシボシボになってしまった。複製品や写真に比べて、本物の印象は、特に描画の線に勢いがある事で、これは、写真では、表現できない。ベタで塗ってある部分は、些細に観察すると筆目が見えるがこれも写真では、盛り上がりとかが判らない。色調は、黄色、緑が写真では強調される反面、青色の感じが違う(源氏物語絵巻)、また、全体に本物は、黄色、緑が抑えられており、コントラストも幾分低い目となっている。紫式部日記絵巻は、複製よりも実物の方が、群青色、朱色等が濃い部分があった。信貴山縁起絵巻は、紅葉の葉が一筆一筆緻密の表現されており、美しい。背景の山の描写も立体的で面白い。写真製版の時に見やすい様に強調されているのだと思う。やはり、本物は凄いと思った。詞書は、やはり、本物の方が読みにくい。時代によって仮名の書きぶりが異なっており、面白かった。帰りには、図録を購入した。収録写真数、装丁からみて2000円強の価格は安いと思う。但し、入場料は、1400円位なので、高すぎると思った。